親知らずの抜歯後、穴を早く埋めるためにしたこと

20代半ばの時に、初めて親知らずを抜きました。抜いたのは、左側に生えている下の親知らずです。私の歯磨きの仕方が悪かったようで、虫歯になりかけていたため、抜くこととなりました。親知らずを抜くときに、歯科衛生士の方に「抜いた後の穴を早くふさぐ方法があります」と説明を受けました。穴の中に、詰め物をするというものでした。この詰め物は体の一部になるので、特に害はないということ。穴が空いたままだと、食事の際煩わしく感じる場合もあるので、勧めているとのことでした。全く初めての抜歯だったので、そういうものかなと思い、お願いすることにしました。抜歯は思っていたよりもスムーズに終わりました。おそらく私の場合は、虫歯になっていたということが大きい理由かと思います。抜いた後、詰め物を入れてもらいました。治療後、請求された金額は何と5000円オーバー!知らずって、こんなにかかるのかと思いこの時は帰りました。この経験から数年後、左側の上の親知らずを抜くことになりました。下の歯を抜いた病院とは違うところでお願いしました。この病院では、特に詰め物を勧めてはいませんでした。なので、この時は穴の開いたままの状態でしばらくを過ごすことに。お会計は、3000円程度だったと思います。詰め物をするかしないかだけでかなりお会計が変わったように感じました。また、詰め物をした状態とさして変わらなかったので、別に入れなくても良かったなとも思いました。もしかしたら、詰め物をしたおかげで何らかのプラスがあったのかもしれませんが、特に私の場合は変わらなかったように思います。あまり勧めている病院もないようで、周りに話をしても「そういう治療もあるんだね」と言われるくらいです。もしも勧められた場合は、どのくらい料金が変わるのかなども確認した方が良いかと思います。私には親知らずがしっかりと上下左右4本と生えています。しかも生えてきたのが成人過ぎて大分経ってからでしたので、完全に生えきったのが30歳近くになっていました。親知らずも直ぐにビュンと伸びるわけではないんだなと知りました。ちなみに上の左奥の親知らずだけは30代後半の現在でも歯茎の中にまだ眠ったままなのです。歯医者に行く度にレントゲンにはしっかりと写っているので、いつかしっかりと生えてきて何れは抜歯する羽目になりそうです。生まれて初めて親知らずの抜歯ということで、友人や知人からは相当痛いし腫れて大変だったという話しか聞いていなかったので、抜歯する前からビクビクと恐怖に襲われていました。何故親知らずの抜歯に至ったかと言うと、親知らずの隣の歯が酷い虫歯になってしまい、親知らずを抜歯してから治療しないといけない状態だったからです。事前の診察の際に、私の親知らずが幸いなことに真っ直ぐ生えていたので歯茎を切開する必要が無いので簡単に抜けるとの見解でした。そしていよいよ抜歯の時、麻酔を2本ぐらい打ち、ペンチの様な物が口の中に入り、親知らずを掴んでミシミシと歯が抜ける音が不気味に聞こえたと思った瞬間、先生から抜きましたよと言われました。時間にして20秒ぐらいでした。無事に一瞬で終わり、幸い腫れずに済みました。

クリニックの教科書病院ネット医療ナビ医療ラボ健康ナビクリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ病院の教科書クリニックナビクリニックラボ